TOP - Q&A

Q&A

UDMプロジェクトについて

Q. UDMプロジェクトは、どのように活動を進めているのですか?

活動の軸は、UDM実行委員6名とリビングデザインセンターOZONEを中心に構成しており、関連企業にお声掛けをして、ご賛同いただいた企業とともに、商品開発を行い、各種イベントやセミナーを通じ、普及活動をしております。今後も、UDMカラーの追加色の検討、各種操作プレートのデザイン検討、新たな企業、新素材の開拓などの活動を進めてまいります。

Q. UDMが普及すると、皆が同じようなデザイン・住空間になってしまうのではないかと少し心配です。選択の幅が狭くなり、個性が出せなくなってしまいませんか?

各メーカーによって同じ白でも様々な色があり調和がとれていないのが現状です。画一的な空間を目指すのではなく、あくまでも各建築部材のメーカー毎の色や形をできるだけ合理的に整理し、皆さんがデザインしやすい、自由なインテリア空間を実現できるようなベースづくりが目的と考えています。

Q. UDMカラーはどのように決めていますか?もともとあるサンプルの中から決めていますか?もしくは、UDM参加企業がオリジナルで作成していますか?

色彩の専門家であるUDM実行委員を中心に、UDM実行委員会で選定しています。木調素材色については、伝統的な木色を濃淡揃えました。グレーや他の木目についても、実行委員によって選定しています。展示会やセミナーでのアンケートや参加企業に寄せられるユーザーの意見等も取り入れています。

Q. UDM木調素材色は、木目柄も限定されているのですか?

木目や樹種については言及しておりません。あくまで色相だけです。同一色や同じ樹種に統一するのではなく、組合せによりバランス良く、居心地の良い住空間にすることが目的です。毎年という事ではありませんが、時代のニーズにより推奨色も増やしていく予定です。

Q. 外部に対してどのような広報活動をしていますか?

口頭説明だけでは判りにくいので、展示会やセミナー、ホームページを中心に広報活動を行っています。「2009年度グッドデザイン賞」において、グッドデザイン特別賞「グッドデザイン・ライフスケープデザイン賞[経済産業大臣賞]」を受賞するなど、UDMプロジェクトのさらなる普及を行っています。また、リビングデザインセンターOZONEの「CLUB OZONE スクエア内 -カタログライブラリー』には、サンプル帳を常設しています。
※「CLUB OZONE スクエア」は、リビングデザインセンターOZONEの会員制度<CLUB OZONE>会員がご利用いただける施設です。

PAGETOP

UDMプロジェクトの利用方法

Q. UDM推奨品を利用したいのですが、利用方法のガイドラインはありますか?

◎設計・デザインのみで利用する場合
基本的には、他の建材と同様にお選びいただけます。UDM推奨品については、各参加企業の担当者にお問い合わせください。UDM推奨コーディネートもございますので、参考にしてください。なお、UDM推奨品でコーディネートした住空間が完成した際には、ぜひUDMプロジェクト事務局へご連絡ください。

◎プロモーションで利用する場合
「UDMデザイン利用規約」がございますので、それに基づいて利用してください。UDMマーク、UDMコンセプト、Gマークの利用方法などについて規約を設けています。

Q. UDMマークやコンセプトをプロモーションで利用するための、UDM推奨品の選定条件はありますか?

選定には以下(1)から(3)の条件のうち、いずれかを満足するものとしてください。但し、極端なケースの場合は、UDM実行委員が協議の上、総合的に判断します。
(1)アイテムの点数:10点以上を満足する場合(各メーカー複数採用も点数に含める)
(2)表面積のボリューム:概ね60%以上を満足する場合
(3)(1)と(2)のいずれにも該当しないが、UDM実行委員が総合的に判断し妥当と思われる場合。

Q. UDM推奨品は商品アイテム数が限られているので、場合によって使用できない商品やメーカーが出てしまいます。UDM参加企業ではないメーカーが新たにUDMに加盟し、建材を開発した場合、UDM 推奨品とすることも可能ですか?

可能です。試作品も既存品も含め、UDM実行委員がUDM推奨品としての合否を判定します。必要に応じて、色などの調整などを行っていただきます。

Q. 住み手がUDMデザインを利用した空間であることを認知する方法はありますか?

分譲住宅において、UDMデザインをプロモーションで利用する場合は、パンフレットなどに告知されますが、個人住宅などのデザインに利用する場合は、設計者に伝えていただく必要があります。また、UDM参加企業のカタログにUDMマークが掲載されている商品もあります。

PAGETOP

UDM参加企業とは

Q. UDMプロジェクトの参加企業になるには、選定基準がありますか?

UDMプロジェクトの趣旨に賛同し、住空間における部材の開発もしくは普及活動を進めることができる企業であれば、参加できます。詳しくは、UDM事務局にお問い合わせください。

Q. UDM参加企業とは、具体的にどのような活動をしていますか?

部材の開発を行う企業は、UDM実行委員と協議をしながら、UDMカラーに応じたUDM推奨品の選定、開発を行っています。形や素材感についても、調和を目指した開発を進めています。また、UDM参加企業各社のカタログやホームページ、イベントなどで普及活動を行っています。UDMプロジェクトに関わるメンバーによる意見交換や勉強会、交流なども積極的に行っています。

Q. UDMホワイトに近い色の商品を持っていますが、UDM推奨品として認定してもらえますか?

UDM参加企業になっていただくことが前提となります。UDM推奨品として認定できるかどうかは、UDM実行委員が判定しますので、まずはサンプルをUDM事務局にお持ちください。

PAGETOP