TOP - UDMプロジェクトとは

UDMプロジェクトとは

住宅内装部材における色、形、素材の心地よい調和とコーディネートしやすいシステムの提案

住宅における様々な内装部材の色や形、素材などについて、「美しく調和するコーディネートのしやすい新しい仕様」を開発検討するプロジェクトです。
現在、多様な内装&設備部材が開発、供給されています。しかし、各社商品の色や形、素材感の微妙な違いにより、適正なコストで、住宅のインテリアを調和させにくい現状があります。そこで、UDMプロジェクトでは、今後も増え続けるであろう、インテリアへの高関心層が満足する住宅計画において、

・適正コストのデザイン
・デザインしすぎないデザイン
・誰もが使いやすいデザイン
・調和しやすいデザイン

を条件に、様々な内装&設備部材メーカーとともに、新しい仕様を開発検討していくことを目的としています。

色、形から空間へ

主宰

UDMプロジェクト実行委員会 + リビングデザインセンターOZONE


プロジェクト実行委員会

アーキテクト(株式会社ミサワアソシエイツ 代表)
実行委員長 三沢 亮一

1998年株式会社ミサワアソシエイツ設立、
2000年株式会社エム・エイ・アイ設立、現在に至る。
共同住宅を中心とした多数のプロジェクトの実績があり、ランドスケープからインテリアまで総合的なデザイン展開を特徴とする。
主なプロジェクト:パークシティ成城(2004年グッドデザイン賞受賞)三番町パークテラス桜苑、パークマンション白金台サンク
家具デザイン:キアロウーノ(2004年グッドデザイン賞受賞)
クリエイティブディレクター(株式会社シトラス 代表)
副実行委員長 橘田 洋子

日本女子大学住居学科卒業。リビングデザインセンターOZONEを経て、現在、住宅・インテリア・生活用品関連のショップ、商品、イベント等の企画・デザインプロデュース、PRを行う傍ら、住宅やオフィスのインテリアを手がけている。
駒沢女子大学 特任教授。
茂木 弥生子
(駒沢女子大学 人文学部 住空間デザイン学科 准教授)

東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。(株)日建ハウジングシステムにて集合住宅の設計に携わった後、リビングデザインセンターOZONEにて住宅・インテリアの企画・デザインプロディースなどを手がける。現在は、建築・インテリアの教育、研究を中心とした活動を行っている。
プロダクトデザイナー(株式会社MAI)
須藤 真希

Istituto Europeo Di Design(イタリア・ミラノ)インダストリアルデザイン科マスターコース卒。ミラノのデザイン事務所でインターン経験を積み帰国。現在、株式会社MAIにて建築に付随するプロダクトデザインに関わる。

活動紹介

2003年 活動開始 UDMカラ―の研究開発
2006年 プレート形状について関連メーカーと協議開発
2008年 インテリア学会発表(九州大学)
2009年 活動の取り組みに対して、グッドデザイン・ライフスケープデザイン賞(経済産業大臣賞)を受賞
2011年 HEADベストセレクション賞受賞
2012年 オリジナルプレートデザインの開発
2014年 オリジナル間仕切りシステムの開発/「SHI・KI・LI展」でリアルサイズの展示会を開催
2015年 インテリア学会発表(金沢勤労プラザ)
2016年 インテリア学会発表(名古屋工業大学)
2017年 空間の調和をテーマに新しいデザインの照明器具を開発/ミラノサローネ出展/インテリア学会発表(九州女子大学)

運営事務局

東京ガスコミュニケーションズ株式会社