TOP - UDMプロジェクトとは

UDMプロジェクトとは

近年、住宅内装部材は機能性への追求だけではなくデザイン的に配慮されたものが多くなってきている。
しかしながら、メーカー主動により供給されているのが実情で色や木目の違いが目立つ。
設計者やデザイナーは各メーカーの作る色や形を選択せざるを得ない。
そこで住宅インテリアの質的向上を目指し、調和を考えた内装部材の開発を目的にプロジェクトを立上げた。
「United Design of Materials Projects(以下、UDMプロジェクト)」とする。
本プロジェクトは推進役であるUDMプロジェクト実行委員会とリビングデザインセンターOZONE、そして参加企業により構成する。
デザイナーや設計者の立場から必要な内装部材を

1.適性コストのデザイン
2.デザインしすぎないデザイン
3.誰もが使いやすいデザイン
4.調和しやすいデザイン

以上4点を基本条件として開発することで、住宅のインテリア空間の質的向上を目指す。
本稿では、色の調和を目指した内装部材の開発を行うことを目的とする。
なお、UDMプロジェクトで定めた色を「UDM色」、開発・選定した内装部材を「UDM部材」と呼ぶ。

PAGETOP

主宰

UDMプロジェクト実行委員会 + リビングデザインセンターOZONE


プロジェクト実行委員会

アーキテクト(株式会社ミサワアソシエイツ 代表)
実行委員長 三沢 亮一

1998年株式会社ミサワアソシエイツ設立、
2000年株式会社エム・エイ・アイ設立、現在に至る。
共同住宅を中心とした多数のプロジェクトの実績があり、ランドスケープからインテリアまで総合的なデザイン展開を特徴とする。
主なプロジェクト:パークシティ成城(2004年グッドデザイン賞受賞)三番町パークテラス桜苑、パークマンション白金台サンク
家具デザイン:キアロウーノ(2004年グッドデザイン賞受賞)
クリエイティブディレクター(株式会社シトラス 代表)
副実行委員長 橘田 洋子

日本女子大学住居学科卒業。リビングデザインセンターOZONEを経て、現在、住宅・インテリア・生活用品関連のショップ、商品、イベント等の企画・デザインプロデュース、PRを行う傍ら、住宅やオフィスのインテリアを手がけている。
駒沢女子大学 特任教授。
茂木 弥生子
(駒沢女子大学 人文学部 住空間デザイン学科 准教授)

東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。(株)日建ハウジングシステムにて集合住宅の設計に携わった後、リビングデザインセンターOZONEにて住宅・インテリアの企画・デザインプロディースなどを手がける。現在は、建築・インテリアの教育、研究を中心とした活動を行っている。
プロダクトデザイナー(株式会社MAI)
須藤 真希

Istituto Europeo Di Design(イタリア・ミラノ)インダストリアルデザイン科マスターコース卒。ミラノのデザイン事務所でインターン経験を積み帰国。現在、株式会社MAIにて建築に付随するプロダクトデザインに関わる。
PAGETOP

参加企業(50音順)

  • アイホン株式会社
  • 株式会社インテンザ
  • 株式会社カイダー・ベースボード工業
  • 株式会社シブタニ
  • 株式会社シモダイラ
  • 株式会社シルファー
  • 神保電器株式会社
  • 住友ベークライト株式会社
  • 大日本印刷株式会社
  • 東京ガス株式会社
  • 東リ株式会社
  • 日本化工機材株式会社
  • 株式会社布川製作所
  • 株式会社LIXIL
PAGETOP

運営事務局

東京ガスコミュニケーションズ株式会社

PAGETOP